TOP > 薄毛の予防と対策

薄毛の対策や予防にはプロペシアやミノキシジルのような効果的な治療薬の利用、そして生活習慣の見直し方について。

薄毛の予防にも効果的

ロゲインとプロペシア

薄毛に対して効果を発揮し、厄介なAGAの治療をするときにも活躍してくれるプロペシアやミノキシジル。

治療薬の中でもプロペシアとミノキシジルは最も知名度が高く、どちらも多くの人が利用しているため、実績も豊富な治療薬になります。

薄毛になってしまっても優秀な治療薬があると考えたら、少し安心することができますが、それでもやっぱり薄毛にはなりたくありませんよね。

薄毛に対して効果を発揮してくれる治療薬は、実は薄毛の本格的な治療だけでなく、予防に対しても効果的であることをご存知でしたか?

あらかじめ効果的な方法で薄毛を予防することができるのなら、将来薄毛になってしまうのではと不安に思わなくて済みますし、気持ちも楽になりますよね。

特にAGAは男性なら誰でもなってしまう可能性があるといえるので、あらかじめ治療薬を使って予防することができるのなら、予防しておきたいと思う人がほとんどなのではないでしょうか。

知らないうちにじわじわと薄毛の症状が進行し、気がついたときには症状がかなり進んでいたなんてことになったら、かなりショックですよね。

まだ本格的なAGAや薄毛にはなっていないけれど、あらかじめ効果的な方法で薄毛を予防しておきたい……と考えている人は、効果的な治療薬を使って薄毛を予防していきましょう!

プロペシアで予防する

プロペシアのパッケージ

世界初の飲む治療薬であり、多くの人が効果を実感しているプロペシア。

実はプロペシアは薄毛の予防として服用した場合も効果が期待できるといわれており、多くの病院や専門のクリニックでも予防薬としての服用が推奨されています。

プロペシアの効果は皆さんもうご存知だと思いますが、予防薬としてプロペシアを服用することによって、症状が出る前にあらかじめ5α還元酵素の働きを抑えることができ、薄毛の予防に繋がるといったものです。

AGAは遺伝性の高いものとして位置づけられており、AGAになりやすい遺伝子を受け継いでしまっていても、あらかじめプロペシアを服用して予防しておけば、その進行を食い止めることができるので、かなり安心することができますよね。

また、プロペシアを服用して予防をしているという精神的な余裕や安心感も生まれるので、薄毛の原因の一つであるストレスを軽減することができ、薄毛になりにくい状態へすることもできます。

ですが、プロペシアは本来治療薬のため、予防をして使うときはリスクもあります。

リスクを正しく理解しないまま、服用してしまうと取り返しのつかないことになってしまう可能性もありますので、プロペシアを予防薬として使うときはどのようなリスクがあるのか、きちんと調べてからにすることをオススメします。

ミノキシジルでも予防できる?

ミノキシジルタブレット

プロペシアと並ぶくらいに、薄毛で悩んでいる人たちからの人気を集めているミノキシジル。

ミノキシジルも薄毛の予防として使うことができますが、プロペシアに比べると予防効果はあまり期待することができないという意見も存在しています。

というのも、プロペシアは5α還元酵素を阻害することを得意としていますが、ミノキシジルは頭皮の血行を良くすることによって発毛を促すことを得意としているためです。

あくまでも血行を促進して発毛をサポートするという感じになってくるので、抜け毛を減らす効果はそれほど期待することができないというわけなんですね。

ですが、ミノキシジルによって頭皮の血行を良い状態にすれば、髪の毛に十分な栄養が行き渡りやすくなるので、髪の毛を強く育てることができるから予防にも効果的という意見もあります。

確実に抜け毛を減らして予防したい場合はプロペシアでの予防が効果的といえますが、髪の毛に十分な栄養を届けて強く育てることで予防するのならミノキシジルを使用するといいかもしれませんね。

プロペシアでの予防効果に比べると、ミノキシジルでの予防効果は弱くなってしまうので、治療薬を使って薄毛を予防したいときはそのことをしっかり頭に入れておきましょう。

予防効果を高めるために

プロペシアとミノキシジルの併用をすすめる医者

プロペシアとミノキシジルを使うことによって、薄毛を治療するだけでなく予防することもできるというのは、将来薄毛になるのではと不安を抱えていた人たちにとって、とても嬉しい情報ですよね。

治療薬を予防に使うことにはリスクもありますが、そのリスクもきちんと把握したうえで、正しい使い方で予防をするのならプロペシアやミノキシジルによる予防は薄毛防止に効果的であるといえます。

せっかくの予防効果を台無しにしてしまわないためにも、治療薬を使って薄毛を予防するときは同時に生活習慣も見直していきましょう。

薄毛になってしまう原因として既に紹介したと思いますが、薄毛になってしまう原因の中には生活習慣の乱れもありましたよね。

生活習慣の乱れは様々な病気を引き起こす原因にもなってしまいますが、病気だけでなく薄毛も引き起こしやすくしてしまいます。

プロペシアやミノキシジルを使って予防をしても、生活習慣が乱れているままでは、予防効果も薄れてしまい、あまり効果的な予防とはいえなくなってしまいます。

予防効果を十分に引き出し、高いものにするためにも、薄毛の予防をするときは同時に今までの生活習慣もしっかり見直し、改善していきましょう。

治療薬を使用しての予防と、生活習慣の見直しをすることによって、薄毛の予防効果はさらに高いものにすることができます。