TOP > ミノキシジルの効果

ミノキシジルは髪を増やす効果がある。服用方法や副作用について。

プロペシア以外の治療薬

ミノキシジル

薄毛やAGAを改善する効果がある治療薬はプロペシアだけではありません。

薄毛を改善する治療薬はいろいろなものがあることは既に少しだけ触れましたが、プロペシア以外の治療薬で人気があるものといえばミノキシジルです。

ミノキシジルもプロペシアと同じように話題になっている治療薬で、多くの人が愛用している治療薬です。

このミノキシジルという薬は、発毛と育毛を得意とするタイプの治療薬です。

プロペシアは原因に働きかけて髪の毛を取り戻すことを得意としていますが、ミノキシジルは髪の毛を育てることが中心になっているという特徴があります。

もともとは1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、血圧降下剤として使われていました。

ですが、副作用として全身の多毛症を引き起こすことが報告されると、頭皮に対しての薬として臨床試験が実施され、脱毛症に有効ということが明らかになりました。

もともとは違う使われ方をされていた薬なのですが、副作用に注目され、現在のように薄毛やAGAの治療薬として注目されるようになっていったのです。

実際にミノキシジルは医薬品成分として効果が認められており、ミノキシジルで発毛を実感した人たちも大勢います。

プロペシアではあまり効果が期待できなかったから、違う治療薬も試してみたいと思ったときはミノキシジルを試してみることをオススメします。

ミノキシジルの効果って?

ミノキシジルをすすめる医者

プロペシアとは得意としていることが違うミノキシジルですが、それならミノキシジルにはどのような効果があるのか気になるという人もたくさんいると思います。

特に、プロペシアとミノキシジル、どちらの治療薬を選ぼうかと考えている人は、プロペシアの効果と比べるためにもミノキシジルの効果はチェックしておきたいところですよね。

プロペシアは薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの濃度を高めないために、5α還元酵素に対して働きかける効果がある治療薬でしたよね。

これに対し、ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけることで、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の毛の成長そのものを早める効果があります。

つまり、髪の毛を育ちやすくする効果があるということになり、プロペシアとはまた違った方法で薄毛の悩みを解決してくれるというわけなのです。

また、ミノキシジルには毛母細胞の活性化だけでなく、頭皮の血行を促進する効果も含まれているので、しっかりとした髪の毛が生える土壌を作ることもできます。

頭皮の血行が良くなれば、髪の毛を生やすのに必要な栄養素も十分行き届くようになるので、太くしっかりとした髪の毛が生えてきやすくなるのです。

生やすことで薄毛を解消したいと考えている人には、特にぴったりな治療薬といえます。

飲み方はどんな感じ?

ミノキシジルの外用薬ロゲイン

ミノキシジルは外用薬と内服薬の二つのタイプがあり、より高い効果を実感できるのは内服薬タイプになります。

そのため、内服薬タイプのミノキシジルを使って薄毛やAGAを治療している人たちも大勢いますが、内服薬タイプのミノキシジルで薄毛を治療する場合は、正しい服用方法で服用する必要があります。

ミノキシジルを服用するときは、まずは1日に1回、一番用量が少ないものを夜に飲むようにしましょう。

1日1回飲む場合は、毎日同じ時間に飲むようにし、飲み忘れなどがないように注意しましょう。

ミノキシジルもプロペシアと同じように、使い続けることで効果を実感することができるため、飲み忘れがあると効果もイマイチになってしまいます。

様子を見ながら徐々に朝と夜に飲むようにし、少しずつ増やしていくようにしましょう。

ですが、内服薬タイプのミノキシジルは高血圧の治療薬としては認可されていますが薄毛の治療薬としては認可されていません。

そのため、薄毛の治療効果を期待してミノキシジルを服用するときは完全に自己責任になってしまうため、注意しましょう。

副作用も知っておこう

副作用が出ている男

しっかりとした髪の毛を生やすことができるミノキシジルですが、プロペシアに副作用があるように、ミノキシジルにも副作用があります。

特に内服薬タイプのミノキシジルは、正しい飲み方をしないと副作用が強く出てしまう恐れもあるので、ミノキシジルを服用して薄毛を改善しようと思ったときは、ミノキシジルの副作用をしっかり頭に入れておく必要があります。

まず、ミノキシジルの副作用として最初にあげることができるのは低血圧です。

高血圧の治療薬として使われているので当然といえば当然の症状ですが、血圧が下がりすぎる場合もあるので、低血圧の症状が出たときはミノキシジルの使用は中断して専門の医師に相談することをオススメします。

また、不整脈や動悸、多毛症などの症状もあるので、ミノキシジルを服用するときは注意しましょう。

副作用として現れる可能性がある症状はこれだけでなく、当てはまる人は少ないのですが、性欲減退や性的不能などの副作用もいくつか報告されているので、そういった症状が現れる場合もあるということをしっかり覚えておきましょう。

ミノキシジルを服用していてこれらの副作用を感じた場合は、ミノキシジルを持って一度専門の医師に相談するようにしましょう。