薄毛の原因について知ろう

AGAは、男性型脱毛症もことで、簡単にいうと髪が抜けて、頭皮が薄くなる症状で、中高年の方に多く見られるハゲである。
原因は喫煙や飲酒などの生活スタイルの乱れや男性ホルモンが大きく関係していると言われていますが、現在でもはっきりとしたことがわかっていない分野でもあります。
テストステロンという男性ホルモンがあり、これは男性の発達に欠かす事ができない物質であり、ヒゲを生やしたり、筋肉の発達、または生殖器の成長に使われる男性ホルモンです。
男性にとって必要なホルモンではありますが、これが思春期を越えたあたりから、ある酵素によって変化したしまい、前立腺肥大の原因になってしまったり、AGAの原因になってしまったりします。
その酵素とは5a還元酵素と言われる物質で、ジヒドロテストステロンという物質にも変えてしまいます。
ジヒドロテストステロンは、頭皮の中にある毛乳頭細胞と呼ばれる部分に侵入し男性ホルモン受容体に結びつきます。
受容体に結びつくと、髪の成長を止める信号を出してしまい、抜け毛が増えてしまい、薄くなったりします。
人には毛周期と言われる髪のサイクルがあり、この信号が送られてしまうと髪のサイクルが乱れてしまいます。
乱れは改善されなければ、再び髪が成長することはなく、抜け毛や薄毛は進行し続けてしまいます。
おでこの生え際から髪が後ろに徐々にになくなっていってしまう場合と頭のてっぺんが薄くなったりするのが特徴です。
またどちらの症状も同時に進行してしまう人もいます。
再び髪のサイクルを戻し、太く健康的な髪やコシのある髪を取り戻すには発毛・育毛効果のあるクスリが効果的です。
原因となっている酵素の働きを抑制した場合にはプロペシアといクスリを使用すると酵素の働きを抑制し、成長を止めてしまう信号が送られるのを止めてくれる効果があります。
他にはミノキシジルという成分があり、頭皮に十分な栄養が回るように体内の血流を良くし、頭皮にもきちんと栄養が回るようにしてくれる効果のあるもので、リアップなどの育毛剤に配合されています。
原因の酵素を阻害して、頭皮が十分な栄養を吸収すれば、高い発毛効果を期待できるようになります。

Copyright © 2015 プロペシアで薄毛克服!補助はミノキシジル All Rights Reserved.