抜け毛の原因となっている酵素を阻害するクスリ

多くの男性の悩みでもある抜け毛は、年齢とともに悩む人も増えますが、若い人でも髪が薄くなってしまい悩んでいる人はいます。
AGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものであり、病気というよりは自然現象と考えた方がいいかもしれません。
AGAの原因が男性ホルモンは変換され後、毛根内で悪さをしてしまい抜け毛や薄毛になってしまいます。
原因となっている物質はジヒドロテストステロンと呼ばれる物質であり、テストステロンが5a還元酵素によって変換され作り出されます。
ジヒドロテストステロンが頭皮内の細胞に結合し、髪が細くなったり、成長する前に抜け落ちてしまいます。
予防対策するには、ジヒドロテストステロンを作り出してしまう5a還元酵素の活動を阻害しなければなりません。
阻害すればある程度、髪が健康になり、生えることを止めてしまった毛根からも再び毛が生えるようになります。
ジヒドロテストステロンは思春期を超えるまでは大切な成分であり、大きな役割を果たしてくれますが、思春期を超えるとAGAやニキビ、前立腺肥大などの原因になり、男性にとっては悩みを膨らませてしまう物質に変わってしまいます。
5a還元酵素を阻害するクスリとしてプロペシアというクスリがあります。
プロペシアとはアメリカのメルク社が開発したクスリとなっていて、世界中で承認されているクスリとなっています。
また医師が処方する初めてのAGAの治療薬となっています。
含まれている成分はフィナステリドという成分で、5a還元酵素を阻害する作用があります。
先程も説明しましたが、フィナステリドが酵素を阻害することにより発毛を促進してくれます。
高い発毛効果がありますが、内服薬なので副作用には注意をしなければなりません。
主な副作用は男性機能の低下で、性欲が減退してしまったり、勃起不全になることがあります。
また重篤な副作用として、肝臓の機能に障害がでることがあるので、十分な注意が必要です。
重篤な副作用が発現した場合には、医師にご相談ください。
販売が開始されたばかりのクスリなので薬価も非常に高く、治療に使うにはそれなりの費用負担を強いられましたが、2015年よりジェネリック医薬品も登場しているので、薬価も下がり使用しやすくなっているので、薄毛や抜け毛に悩んいる方は使用してみてください。

Copyright © 2015 プロペシアで薄毛克服!補助はミノキシジル All Rights Reserved.